読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく。

日々の活動についてちょこちょこと。

文房具好きに悪い人はいない

どうも。

 

唐突ですが、僕は文房具が好きです。

そして、文房具が好きな人は変な人が多いです。

かく言う僕も変な人と呼ばれます。

 

職場のデスクには黒のペンだけで何種類もペン立てに刺さっています。

これは走り書き用

これは考えをまとめる用

これは宛名を書く用

これは人に何かを伝えるときに使う用…

時間のある時に一つずつ紹介していきたいと思いますがそれは後々。

 

そんな変人な僕に文房具カフェからこんなメールが前にきました。

 (一部抜粋)

真夏の夜の文房具カフェに、文房具、活字、ごはん責め(?)などの様々な嗜好や性癖を持った人たちが集まります。暗がりで壁の穴から「他人の秘密」を覗き見るように、彼らの告白を聞いてみたくありませんか?

 

なんだこれ

まあ実はこのイベント、今日おこなわれてるわけです。

僕はあいにく関東圏の人間ではないのでひょいひょい行けないですが

関東に住んでたら有休とってでも行ってたわ

 

この発想からしてまあ文房具好きは変態ですよね(褒めてる)

僕ちょっとごはん責めはわかんないですけど。

 

文字を書く、という文化が廃れてきている昨今ですが

そんな今だからこそアナログの良さってもんがあります。

きっかけはどうあれ、アナタも濃ゆい文房具の世界に触れてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに僕は、

紙とペンのカップリングを考えることがある

とか

使用している消しゴムで性格診断をしている

程度のレベルです。

 

では。